B型肝炎と弁護士

かつてB型肝炎の集団感染が起きたことがあります。国内にB型肝炎に感染している方は100万人以上いるとされています。その中の多くが過去に集団感染したためにB型肝炎になってしまったのです。昭和23年から昭和63年までに集団予防接種を受けたことのある人は、注射器が連続使用されていたことがあり、これによって集団感染してしまったケースがあるのです

注射器今の常識からすると注射器の連続使用はありえないことであり、当時もそれはよく知られていました。しかし、国がしっかりと指導していなかったために、注射器が連続使用されるということが起きてしまったのです。国の方では昭和33年より注射針を、そして昭和63年から注射筒の方も取り替えるように指導しました。これまでは注射器の連続使用が行われていたため、B型肝炎に感染してしまった方がたくさんいるのです。

国はこの責任をとってB型肝炎の感染者に対して給付金を支給するという制度を用意しました。この制度を利用することによって、給付条件を満たしているならば給付金を受け取ることができるのです。ただし、給付金を受け取るための手続きは裁判所を通して行われます。国に対して訴訟をしなければいけないのです。そのため、普通の人にとってはハードルが高いでしょう。用意しなければいけない書類も多いからです。そこで弁護士に相談をする方がいます。こちらではB型肝炎給付金請求のために弁護士へ相談をする際のポイントについてまとめています。