弁護士の選び方

B型肝炎の給付金の訴訟を弁護士に手伝ってもらいたいならば、弁護士を選ばなければいけません。日本にはたくさんの弁護士がいます。それぞれの地域には数多くの法律事務所や弁護士事務所があるでしょう。その中から弁護士を見つける必要があります。

弁護士まず弁護士には専門分野というものがあります。過去にB型肝炎の訴訟に対応したことのある弁護士であれば安心して依頼できるでしょう。また、医療分野の訴訟を扱ったことのある弁護士に相談をするのも良いでしょう。医療訴訟を経験したことがあるならば、B型肝炎の給付金訴訟についてもスムーズに対応してもらうことができるからです。

また、弁護士の人間性にも注目してみましょう。どんなに実績があって優秀な弁護士であっても、話しにくい相手では相談をしにくいでしょう。相談をする際にはさまざまな内容の話をしなければいけません。いろいろな情報を伝える必要があります。そのため、できるだけ話しやすい人に相談をすることをおすすめします。無料で相談できる機会があるため、そこで実際に話をしてみて判断してみましょう。

弁護士費用については相場から大きく離れていなければそれで良いでしょう。あまりにも安すぎるのは逆に敬遠するべきです。

着手金について

着手金B型肝炎の給付金を受け取りたいならば、弁護士を活用すると良いでしょう。しかし、弁護士の利用には費用がかかってしまうことを不安に感じているかもしれません。たとえば着手金です。こちらは実際に弁護士に仕事をしてもらう際に払わなければいけないお金のことです。ただし、最近は着手金が無料のところが増えています。着手金を支払わなくても仕事をしてもらえるのです。この場合は最後の弁護士費用のみを支払うことになります。

最近は相談料も無料のところが増えています。相談料というのは依頼をする前に最初に相談をする際に支払う費用のことです。昔は相談料をとる弁護士事務所が多かったのですが、最近は相談料が発生しないところが増えているのです。できるだけ余計な費用を請求しないところが増えているため、安心して弁護士を利用することができるのです。

ただし、弁護士事務所によって料金設定に違いはあります。そのため、きちんと細かな料金について確認しておきましょう。具体的にどのような費用がかかるのかを確認しておくべきです。そうすれば、必要な費用をしっかりと準備することができます。最初に相談をする際に費用面についてきちんと説明をしてくれるでしょう。また、料金が分かりにくい事務所は利用するべきではありません。

B型肝炎と弁護士

かつてB型肝炎の集団感染が起きたことがあります。国内にB型肝炎に感染している方は100万人以上いるとされています。その中の多くが過去に集団感染したためにB型肝炎になってしまったのです。昭和23年から昭和63年までに集団予防接種を受けたことのある人は、注射器が連続使用されていたことがあり、これによって集団感染してしまったケースがあるのです

注射器今の常識からすると注射器の連続使用はありえないことであり、当時もそれはよく知られていました。しかし、国がしっかりと指導していなかったために、注射器が連続使用されるということが起きてしまったのです。国の方では昭和33年より注射針を、そして昭和63年から注射筒の方も取り替えるように指導しました。これまでは注射器の連続使用が行われていたため、B型肝炎に感染してしまった方がたくさんいるのです。

国はこの責任をとってB型肝炎の感染者に対して給付金を支給するという制度を用意しました。この制度を利用することによって、給付条件を満たしているならば給付金を受け取ることができるのです。ただし、給付金を受け取るための手続きは裁判所を通して行われます。国に対して訴訟をしなければいけないのです。そのため、普通の人にとってはハードルが高いでしょう。用意しなければいけない書類も多いからです。そこで弁護士に相談をする方がいます。こちらではB型肝炎給付金請求のために弁護士へ相談をする際のポイントについてまとめています。